転職時の面接で大事なマナー

マナーを守った行動は、面接中は不可欠のことといえます。仕事面ではポイントが高かったとしても、人間性に疑問が残るような人なら、不採用になります。面接時の受け答えも大切ですが、面接官が感じる印象はとても重要で、採否の結果にも大きく影響されるものです。応募者が、一通りのマナーを知っている人かは、面接の場では、担当者もチェックしていると考えてもいいのではないでしょうか。面接中に、マナーを知っているかを見極めるポイントの一つとして、挨拶の内容があります。面接を受けに行く時には、会社の人とは初対面になることが大きいですから、最初のあいさつは肝心なことです。応募動機をまとめることや、自己分析を済ませておくだけでなく、あいさつの内容も決めておけば、スムーズに面接を受けられます。社会人として、面接の場にふさわしいあいさつとは、どういったものなのでしょう。面接の冒頭と終了時にお礼の言葉を添えることが大事であり、その中にも自分がここで働きたいといった意気込みを加えるのも良いでしょう。はっきりと聞き取れないような挨拶しかできない人や、定型文のような言葉しか言えないような人は、面接では苦戦するものです。この企業に入って自分の能力を伸ばしたいという意思がない人間だと思われたら、面接ではマイナスでしょう。だらしのない服装はしないこと、乱暴な言葉遣いや態度はとらないこと、時間を守って行動することは、社会人としては基礎的なことといえます。