企業が人材を採用する方法

人手不足を感じた企業が行ってる人材募集の方法には、どんなものがあるでしょう。人材募集をかけることを決定した会社は、具体的にどんな働き方をしてもらう人を雇い入れるのか、ビジョンを明らかにします。求人募集に書かなければいけない内容を決め、面接から採用までの段取りを明確にした上で、求人を行います。求人を出すと応募が来ます。企業はまず、書類審査をして、応募者をふるい落とします。まず履歴書に書かれていることを確認して、採用を検討したいと思えない人には、お断りの連絡を入れます。送付されてきた履歴書については、まず最初に基本的な記述の誤りや誤字や脱字が無いかチェックします。心のこもった丁寧な字で履歴書が書かれているかが、文字が下手かどうかより優先されます。どんな業種で何年働いてきたか、どの職種での実務経験を持っているのかが、重視されるところです。最初に履歴書による審査で人数を狭め、それから第二選考として採用面接をします。企業によっては一次面接、二次面接と段階的に面接を行い、徐々に候補者の人数を減らします。最初のころは、自己PRをしてもらったり、マナーが行き届いているかを確認する段階ですが、徐々に任せたい仕事ができる人材になるどうかを確認する段階へと移行します。その後、合格者を決めると内定通知を出して、企業見学や入社の意思確認が行われます。